エアコンの取付を自分でする方法 | リーマー

スポンサーリンク

エアコン取付 りーマー

エアコ取付に使う冷媒管の切断面のバリを取って成型するのに使います。

 

切断面が滑らかに成型されていないとフレア加工をしてもしっかり密着せず、冷媒ガス漏れの原因になってしまうので注意が必要です。

 

くるくるリーマー

星5 星2

TASCO TA520CK TASCO TA520CR-11
楽天市場で見る 楽天市場で見るタスコ(TASCO) TA520CR-11

くるくるリーマーは、おすすめです。
誰でも簡単に冷媒管の内面成形ができるので、フレア加工を安心して行うことができます。
冷媒管の切断面に先端を入れ、数回まわすだけでバリ取りは完了です。

 

くるくるリーマーのセットはおすすめしますが、交換ブレードに関しては今一おすすめしません。
その大きな理由がその金額です。
交換ブレードにあれだけの金額を使うのなら、セット品を買ったほうがすべて新品になるので、気分的にも違います。

 

リーマーと仕上げヤスリ

TASCO TA530E

イチネンTASCO TA530Y 仕上げ用ヤスリ

TASCO TA530 TASCO TA530E TASCO TA530Y
楽天市場で見るタスコ(TASCO) TA530 楽天市場で見るタスコ(TASCO) TA530E 楽天市場で見るタスコ(TASCO) TA530Y

通常のリーマーは、業務用エアコンなどの大口径冷媒管のバリ取りに使います。
最後に、仕上げヤスリで、切断面の成形を行えば完璧です。

 

スポンサーリンク